文化・学術施設のサイン計画早稲田大学総合学術情報センター1990

早稲田大学中央図書館(収蔵可能数200万冊)と、早稲田大学国際会議場(大ホール他、研究会議施設)の複合建築のサイン計画です。

特に図書館では、従来の目録カードからコンピュータによる検索システムに移行しつつある環境下で、大規模開架式書庫での体系的な表示方法について、学内委員会で長期にわたり討議されました。この成果を基に、私たちは配架案内や分類表示システムの具体化をはかりました。