HOME >> 目に見えるかたちで示す >> サインシステムの設計 >>
ホテル・リゾート施設 >> ザ・キャピトルホテル東急 サイン計画

ザ・キャピトルホテル東急 サイン・客室アート制作

このホテルはその名のとおり国会議事堂を望む地にあります。前身は1964年の東京オリンピック開催前年に開業した、わが国最初の洋式ホテルです。2003年の旧館リニューアルに続き2010年の新築にも、サインのデザインと客室アート制作のご指名をいただきました。
(サイン、アートとも宮城デザイン事務所と共同制作)

不易流行の精神を根底に、和のたしなみにマッチしたサイン。レストラン、バーのしつらいのテイストを引き出し、宴会場ではさりげなく、フィットネスでは瑞々しく、客室フロアではわかりやすさを第一にデザインしました。

客室の版画は、本阿弥光悦筆が新古今和歌集から選んだ和歌を散らし書きした色紙帖(伝 俵屋宗達下絵、五島美術館蔵)をアレンジしたものです。