HOME >> 調査・研究

RESEARCH 

調査・研究

公共サービス施設の調査・研究・提案
デザインガイドラインの制作
ユニバーサルデザインコンサルタント
案内表示の見やすさ・読みやすさの調査・研究

誰もが使いやすい施設であるために

 多様な人が利用する公共的な建物や歩行空間。それらの案内・掲示を設計する際に重要な配慮すべき点や、基本となる数値を示した、デザインガイドラインを作成しました。

[主な実績]
LEDサインの見やすさの調査・研究
埼玉県 見やすく分かりやすい案内表示(サイン)のガイド
熊本県 視覚情報サイン改善計画
越谷レイクタウン デザイン指針
藤沢市 道路特定事業計画

ユニバーサルデザインをめざして

 利用者が本当に必要としていることは何なのか。多様な身体状況の利用者のニーズを理解するために、私たちは多くのネットワークを持ち、日頃から「利用者視点」を拡張する努力をしています。それはデザインするものに反映させるだけではありません。私たちと共にプロジェクトを進める設計・開発部門の方にユニバーサルデザイン調査として、調査手法の組み立てから、調査結果を反映したデザインの提案まで、総合的にお手伝いさせていただいています。

[主な実績]
大崎地区

調査・報告集