HOME >> 目に見えるかたちで示す >> サインシステムの設計 >>
文化・学術 >> 四国村(四国民家博物館)展示物解説板

四国村(四国民家博物館)展示物解説板

四国村は昭和51年、讃岐屋島のふもとに開かれた野外博物館で、江戸時代中期の農家(重要文化財)をはじめ、四国各地の民家が移築復原されています。

このほど拡張を機に、民家やその暮らしと道具の解説、順路案内、注意書きなどを一新。解説板は読みやすさ、親しみやすさを旨とし、民家の端正な造りに逆らわないデザインを心がけました。

このプロジェクトは

  1. 現況調査
  2. 解説文の照合および編集
  3. 解説板のデザイン
  4. 工事監理

というプロセスで進められました。

砂糖しめ小屋 砂糖しめ小屋内部

四国村シンボル ロゴマーク(2006年制作)

四国村 喫煙所